年度途中のご入校をご検討中の

現役生(中3生、高1生、高2生、高3生)と高卒生の方へ

 

現役生の方は、1から4をご覧ください。

高卒生の方は、2から4をご覧ください。

 

年度途中のご入校の高卒生の場合

○通常より圧縮したカリキュラムにより、4月開講と同じ内容の授業を受講していただくことが出来ます。

○一方で、希望がありましたら、得意教科、得意分野の授業数を通常よりも少なくすることにより、苦手教科、苦手分野は、圧縮しない通常と同じ回数のカリキュラムで受講していただくこともできます。

 

 

 

現役生の授業は、大きく分けて、次の内容になります。

○1番重要なのは、学校の授業の進度に合わせた学習

○次に重要なのは、学校の授業ですでに終わっている範囲の学習

○そして、学校の授業の先取り

 

学校の授業の進度に合わせた学習、そして、学校の授業ですでに終わっている範囲の学習

実は学校の定期テストや実力テストの問題は、私立の医学部に限らず、国公立の医学部や東大京大も含め、多くの入試問題の難易度とあまり変わりません。

より詳しく言いますと、定期テストの場合、多くの場合は入試問題の標準的な難易度と同じであり、また、実力テストの場合、多くの場合は入試問題の標準的な難易度よりも難しく、東大京大レベルと同じか、なかにはむしろそれより難しい場合もあります。

ですので、まずは、学校の定期テストや実力テストでいい成績をとることが、医学部(私立、国公立)、歯学部、薬学部などを目指されている場合でも、大学受験に直結します。

一方で、受験勉強が大変なのは、ですので、難しい問題が出題されるという点にあるわけではなく、試験範囲が高校3年間の全範囲であるため、試験範囲が広いということに尽きると言っても言い過ぎではありません。

 

理科を制する受験生は、私立の医学部でとても有利になります。場合によっては、学校の授業の先取りもいたします。

数学の場合、3年生の初めくらいには、教科書の範囲が全部終わり、3年生の数学の授業は入試問題を使った演習授業が中心になります。

それに対して、理科の場合、多くの高校で、入試の直前まで教科書の範囲が終わりません。

したがって、学校の3年生の授業で数学のような演習授業をする時間があまりなく、現役生と高卒生で、理科の完成度にとても大きな違いが生じやすくなります。

理科の受験勉強としては、学校の授業の進度に合わせて入試問題までを演習するだけでなく、それと並行して同時進行で、既に学校の授業で終わっている範囲を入試問題を使って演習することが必要不可欠になります。

場合によっては、学校の授業の先取りもいたします。

私立の医学部の場合、半分程度の大学で、数学100点、理科1科目100点というように、理科1科目の配点が数学と同じ配点です。

理科2科目の配点は数学の2倍もあるわけです。

ですから、私立の医学部に合格するためには、理科がとても大きなかぎを握ります。

私立の医学部の中位校では、全合格者に占める現役生の割合は1〜3割くらいです。(詳しくはこちらの@入試制度 一般入試の愛知医科大学の表とA入試問題の傾向をご覧ください

理科の学習方法により、愛知医科大学や藤田保健衛生大学などに現役生で合格できる可能性を大きく上げることができるわけです。

 

私立の医学部コース、国公立の医学部コース、歯学部、薬学部コース、東大京大コース、があります。

教科は、数学、英語、物理、化学、生物、国語です。小論文、面接の対策もいたしております。

 

 

 

 

 

 

 

数学、英語よりは、小論文で大きく差

が付きます。

現役生の場合は、いわゆる評定平均を

上げるため、学校(東海、南山女子、

名古屋、旭が丘、淑徳、金城など)の

授業に特化した指導をいたします。

そして、現役生、高卒生に関わらず、

推薦入試を目指されている場合は、推

薦入試の過去問などを用いた推薦入試

の対策をいたします。

教科は、差が付きやすい小論文と、数

学、英語、そして、大学によっては、

理科です。

そして、面接の対策も実施いたして

おります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一斉授業は、ある程度は生徒の反応を見ながら進められていきますが、それでも生徒一人一人の理解度とはあまり関係なく進められていきます。

自分の理解度とは関係なくどんどん先に進んでいく予備校の一斉授業に少なからず不安を感じていらっしゃるあなた。

また逆に、自分が簡単に理解できる内容でも丁寧な説明が続く一斉授業に物足りなさを感じていらっしゃるあなた。

自分の理解度を確認しながら授業のスピードを調節してくれる個別指導で、苦手教科だけでなく、得意教科も講師と二人三脚で学習を進め、合格への道を確実に進んでいきましょう。

 

 

一斉授業はカリキュラムがしっかりしている、個別指導はきめの細かいフォローができる、というそれぞれの利点を感じていらっしゃる方は、塾、予備校の一斉授業と当予備校の個別指導の組み合わせで学習を進めていくことも構いません。

当予備校は、個別指導ですが、一人一人に対して、予備校の授業と同じ意味の1回、1回の授業ごとのカリキュラム詳しくはこちら)を作成いたします。

 

 

私立の医学部コース、国公立の医学部コース、歯学部、薬学部コース、難関大学のコース、のどのコースでも対応いたしております。

 

 

 

 

 

苦手教科の遅れを取り戻したい、また

は、得意教科に集中して取り組んでさ

らに伸ばしたい、と考えている受験生

に適しているコースです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 提携学生寮

 

 マンション型寮