定着度を確認するためのものです。

約3回の授業につき、1回受けていただきます。

3分の2の問題は、授業で学習した問題そのものであり、残り3分の1は、学習したことが身についていれば、解ける問題です。

単元テストの結果によりますと、8割以上とれている受験生は、約4人に3人が1年で私立の医学部に合格されています。

5割から8割くらいとれている受験生は、約2人に1人が1年で合格されています。

苦手な教科は半分以上の得点を取れるよう、得意教科は8割前後の得点をとれるよう、定着度を上げていきましょう。

 

 

 

 

 

 

一人一人の志望校の傾向に合わせて、週に1回小論文の対策を実施いたしております。

小論文の基本的な書き方や医療における基本的な知識なども含めて、丁寧に授業を進めていきます。

 

 

 

 

 

個人面接、グループ面接、グループ討論など様々な形式があります。

そして、どの志望校でも聞かれるいわゆる定番の質問以外に、志望校によりよく聞かれる質問は異なります。

志望校の面接の形式や質問内容に合わせて、そして面接のマナーなども含めて模擬面接を実施いたしております。

 

 

 

 

 

平日、土日に関わらず、21:00まで開放いたしております。

希望があればそれ以降の時間でも開放いたしております。

 

 

 

 

 提携学生寮

 

 マンション型寮