お気軽にお問い合わせください。

052-930-6590

年々難化している医学部に
1年で合格していただくため
02

02 基礎重視、そして、
バランスの取れた学習戦略

基礎を重視しながら、確かな実力の養成 (基本的な指導方針 2)

☆☆志望校の選択(入試情報)


☆☆
大学別の対策

「基礎を重視しながら、確かな実力の養成」、「志望校の選択(入試情報)」、「大学別の対策」の3つのバランスを取り、 学習を進めていきます。
一番重要なのは、言うまでもなく、「きちんと力をつけること(確かな実力の養成)」です。
対策を重要視しすぎるあまり、または、志望校に特化しすぎた学習方法のため、力をつける、という当たり前のことがないがしろにされることがあります。
私立の医学部に合格するための3大要素については、詳しくはこちらをご覧ください。

基礎を重視しながら、確かな実力の養成
(基本的な指導方針 2)

基本的な問題を解くことが出来るだけでなく、 応用問題や実践的な問題を解くときに使うことが出来る「完成度の高い基礎」を身に付けていただきます。
要するに、基礎を理解する、ことがとても重要です。
「完成度の高い基礎」を身に付けるために、
基礎の徹底した確認、
質の高い問題の厳選した使用、
難易度が高い問題を簡単に解く解法、
定着率が上がる予習、
復習の仕方、
2種類のカリキュラムの作成、
各講師の授業内容の管理

など、さまざまなことを行っています。

☆☆

志望校の選択(入試情報)

医学部に合格するためには、志望校選びもとても重要です。
大学ごとに異なる「入試制度」、「入試問題の傾向」、「受験科目や科目ごとの配点」についての詳細な資料をもとに、志望校をどのように決定するかを丁寧に指導します。

例えば、「入試問題の傾向」について
大学により、問題の傾向や難易度が異なり、それだけでなく、マーク式なのか、記述式なのか、また、同じ記述式でも答だけなのか途中過程も書かせる形式なのか、解答の形式も様々です。
マーク式が得意な受験生もいれば、むしろ、記述式の方が得意な受験生もいます。
私立の医学部に合格するための3大要素については、詳しくはこちらをご覧ください。

☆☆☆

2種類のカリキュラム
(1人1人に1回1回の授業ごとのカリキュラム)

学習到達度に応じて、早ければ夏期、または、2学期の初めから大学別の対策を始めます。
詳しくは、「年間スケジュール」をご覧ください。

お気軽にお問い合わせください。

052-930-6590

mail_outlineお問い合わせ

アクセス